漆器|伝統工芸山中漆器の中で一番の老舗。 喜八工房

一流の技術を持つ木地師、下地師、塗師、蒔絵師を擁し、国産にこだわり、歴史に裏打ちされたデザイン力で、伝統的なものから現代的なもの、高級品から日用雑器まで、幅広いものづくりを手がけている。漆のもつ独特の、あたたかさは贈り物としての本質を物語っています。

喜八工房

喜八工房は、山中漆器の上塗師、二代目喜八が明治15年(1882年)に産地製造卸「喜八工房」として創業しました。一職人が自分で塗ったものを自分で売って歩く「塗師屋商人」の魁であります。当然、その品質には責任を持たなければいけません。そこで各工程の生産管理を行うメーカーとしての変遷をたどることになります。現在の喜八工房には当時のcraftsmanshipが脈々と受け継がれています。 全て自然素材を使用し、手作りということを最良としながらも、1点ものの作品だけに傾くことはありません。旧来のやり方に固執せずに、長年の研究と知識の蓄積による柔軟な発想で、「沢山の人に使っていただける、プロダクトとしてのものづくり」が喜八工房の使命であると考えております。

喜八工房ウェブサイト

http://www.kihachi-web.com/

喜八工房1 喜八工房2

喜八工房3

  • 用途:当日の会葬御礼として忌明け法要後の香典返しにご利用頂けます。
  • 商品に対するご相談はお気軽にご連絡ください。専門スタッフが、対応させて頂きます。