職人FILE03.花職人|偲ぶ気持ちを花に託す・・・花一輪に珠玉の想いをこめて。

職人FILE03.花職人

まなかの花職人が、一番大切にしている事は、花を知る事です。なぜなら花は生き物だからです。

元気だったあの人が微笑みかけてくれるような祭壇プランニング。さりげない演出と心遣いに包まれた会場装飾。

そんな故人様への想いを形にするには、なにより美しい花の最高の瞬間を切り取り、美しく彩る能力が必要になります。つまり、花を知る事です。まなかの花祭壇を一度ご覧になってください。花を愛し花を知り尽くした職人でしか出来ない、祭壇がそこにはございます。

故人様は、どんなお人でしたか?

まなかの花職人にお聞かせ下さい。必ずその想いを花に託し、故人様へとお届けさせて頂きます。お任せ下さい。